とびひ

とびひ



「とびひ」として知られる皮膚病は正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、主として夏に多発する子供の皮膚病である。最近はスイミングスクール等の普及により、冬場においても珍しくなくなった。

【症状】

主として学童期までの子供が罹る。顔面・体幹・四肢に半球状の水疱が次々に発生するが、容易に破れてびらん面(皮膚の表面が破れて湿潤した状態)と化し、白〜黄色の痂皮を被る。水疱内容(細菌)の接触により次々と増えて行く。

一般に「とびひ」は2種類に分類されている。一つは水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と呼ばれ、1〜2センチほどの水疱を主症状とするもので、子供に多いタイプ。すぐに破れて、びらん面となる。もう一つは痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)といい、かさぶたを主症状とするもので、やはり子供に多いが成人にも発生することがある。

【治療】

抗生剤の入った塗り薬や内服薬が基本となる。湿疹をともなう場合は副腎皮質ホルモン外用剤を使う場合もある。通常は数日で治癒する。

【解説】

とびひの直接の原因は黄色ブドウ球菌などの細菌感染であるが、みずいぼと同様にアトピー性皮膚炎などに合併することが多い。アトピーの場合皮膚のバリアー機能が低下しているため、細菌やウイルスの侵入を許しやすい。だがもちろんアトピーでなくとも日常的なポピュラーな皮膚病であり、とびひイコールアトピーではない。

夏期に多いということは、高い気温と発汗により、細菌が増殖するのに適した環境となるからである。この点、ミズムシと似ているが、ミズムシの場合は菌(白癬菌)が皮膚の中に入り込んでいるので洗ったくらいでは取れないが、とびひの場合は風呂で洗浄することで菌を減らすことが出来る。

ただ表面が非常に弱くなっているので、タオルで擦らずに手で泡立てた石鹸で優しく洗うことが望ましい。洗った後は、乾いたタオルで軽く押さえるようにして水分を取り除き、薬を塗る。傷口の滲出液が多くなければ、出来るだけガーゼやバンドエイドなどで蓋をせずに開放にして乾燥させる方がよい。

完治するまでは感染する恐れがあるので、親は子供同士を接触させないように気を付けなければならない。

Back